Taka-Coma's Blog

http://taka-coma.pro/

MEGAを使ってみた

MEGA は基本フリーのオンラインストレージで, サーバー上での実験結果を手元で簡単に見れるように導入した.

モチベーション

  • 状況:外部からアクセスができないローカルサーバで実験プログラムを実行
  • 問題:実験結果をプロットした図を見るにはサーバに直にアクセスできる場所にいなければならない
  • 単純解法:管理可能なパブリックサーバにscpして,その後に手元にscpなどで見る
  • 困り事1:管理可能なパブリックサーバがない
  • 困り事2::ローカルサーバがCLIのみのLinux

オンラインストレージの導入

  • Dropboxはもともと使っていたが,他の用途と分けたかったので別なサービスを検討
  • Mac, Windows, Linux (CLI) に対応している必要あり
  • MEGAは上記要件を満たす

MEGAの導入

  • アドレス:https://mega.nz/
  • サインアップは普通にやればできる
  • Mac版のインストール・利用
    • 普通のアプリのインストールと同じ手順
    • ダウンロード元:https://mega.nz/sync
    • MEGASync を起動,ログイン,同期するディレクトリを指定
      • このあたりはインターフェースに従ってればOK
  • Linux版(厳密には CentOS7版)のインストール・利用
    • RPMファイルをダウンロード.インストール
    • MEGAcmd のインストール
      • RPMファイルをダウンロード・インストール
      • mega-cmd コマンドを実行し,対話的インターフェースを起動
        • ログイン:login email password
        • 同期:sync /path/to/local/dir /dir/on/mega

同期

  • 上記設定をすれば,あとは指定ディレクトリにファイルを突っ込むだけ
  • Mac版の同期がいまいち遅いので,Web版でダウンロードすることもしばしば