Taka-Coma's Blog

http://taka-coma.pro/

論文採択:Stream OLAP を用いた道路パトロール向け分析システム SOLA @SBDDE2017

社会実装系の論文が採択された.

概要

  • プロジェクトで開発している Stream OLAP システムの社会実装
  • つくば市の協力で道路パトロール車のGPS情報や道路修理箇所などのデータを利用
  • データを分析,可視化し,未来のパトロールスケジュールに活かしたい

Stream OLAP

  • 従来の OLAP は静的なデータに対してインタラクティブな分析を行うシステム
  • Stream OLAP (Hanら, Distributed and Parallel Databases 2005; Nakabasamiら Big Data 2016) は動的なデータに対応したOLAPシステム

道路パトロールデータ

  • トロール車の走行時GPSログ
  • トロール時に発見・修理した箇所
  • 路面性状状態 (MCI):自治体が義務付けられている定期的な道路の状態検査データ
  • 簡易路面状態 (IRI):安価なセンサーを使ってMCIを準ずる値 (IRI) を取得したデータ

SOLA: 提案フレームワーク

  • Stream OLAP に様々なデータを入力するためのラッパーを提供
  • 時空間的な分析を行った結果を可視化するインターフェース

SOLAR: 道路パトロールデータ向けに実装した SOLA

  • 上記データに入力に合わせたラッパー
  • 可視化システムインターフェース

実験

  • 方法
    • 実際に使えるかどうかを確かめる
    • 実務職員に有用かどうか伺う
  • 結果
    • 実用化の可能性を示した
    • 実務への応用に使えそうだが,推測を入れるなど高度な分析を合わせる必要が指摘された
成果(国際会議)
  1. Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Salman Ahmed Shaikh, Hiroaki Shiokawa, Hiroyuki Kitagawa, “SOLA: Stream OLAP-based Analytical Framework for Roadway Maintenance”, in Proc. the 9th International Conference on Management of Digital EcoSystems (MEDES 2017) , pp., ,Bangkok, Thailand, November 7-10, 2016 (to appear)