Taka-Coma's Blog

http://taka-coma.pro/

論文をトップ会議に通せる人と通せない人

※ただの独り言です.

概要

  • 自分はトップ会議に通せない人
    • もちろん,いずれはちゃんと通したい
  • 通せる人は自分ですべきことを考え,他の要件を押しのけられる人
  • 通せない人は自分のすべきことの他にやることを抱えちゃってる人

独り言

  • うちのラボは教員・学生が優秀だ,と言われることは多いが,トップ会議に通した人はほとんどいない
  • ここ数年(2014~2017)はラボ関係者(卒業生含む)がトップ会議に通している
    • 確認できる範囲で 3人
  • 学生がトップ会議に出すこと? > ない
    • 学振とか奨学金免除制度のために通りやすいところに出してる? > No
    • なんでないか? > 博士課程に進学するほど研究が好きでないから
    • 博士に進学する学生は? > 出したい意欲はある
    • 教員は何も言わない? > 積極的に通しやすい方を推す傾向
  • 自分はトップ会議に?
    • 出しているが,結果は芳しくない
    • 結局通すために2回目以降になげる会議のレベルを下げている
    • 次の職や今後の予算獲得のために成果が必要
    • トップ会議に通して箔をつけたいのもまた事実

通せる人 vs. 通せない人

通せる人

  • 研究熱心
  • 研究以外のことはおざなり
  • やるべきでない仕事はできるだけ人に投げる
  • 恵まれた環境に身をおくすべを知っている

通せない人

  • 研究以外のことに気が行き過ぎる
  • やるべきでない仕事も引き受けてしまう
  • 現在の環境でどうにかしようとしてしまう
  • 単に仕事過多

つまり

  • 文句ばっかり言ってないで,工夫して研究をしろ
  • つべこべ言わずにトップ会議になげろ
  • 実験はいっぱいやれ