Taka-Coma's Blog

http://taka-coma.pro/

研究の社会実装

概要

つくば市での社会実装

  • 基礎技術は,時空間OLAP
  • ドライブレコーダデータの分析
    • 走行経路と目的から,どういう目的で使われたかを分析
    • 加速度の変化の異常性から潜在危険箇所の検出
  • 利用者と施設の位置関係の分析
    • 施設の利用者の地理的分布の分析
    • 施設が不足している地域の推定

成果

国際会議
  1. Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, “Visual Spatial-OLAP for Vehicle Recorder Data on Micro-sized Electric Vehicles”, in Proc. the 20th International Database Engineering & Applications Symposium (IDEAS 2016), pp.358-363, Montreal, QC, Canada, July 11-13, 2016
  2. Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Salman Ahmed Shaikh, Hiroaki Shiokawa, Hiroyuki Kitagawa, “Towards Real-time Analysis of Smart City Data: A Case Study on City Facility Utilizations”, in Proc. the 14th IEEE International Conference on Smart City (SmartCity 2016), pp.1357-1364, Sydney, Australia, December 12-14, 2016

所感

  • 社会実装は大変
  • データがダーティなのでクレンジングが必要
  • 実際の社会ニーズを得るところを頑張る必要がある