Taka-Coma's Blog

http://taka-coma.pro/

科研費・不採択

科研費の内定は 4/1 にe-rad上の「科研費電子申請システム」の「交付内定時の手続きを行う」の画面に課題名があるかどうかで判断できる. 今回は残念ながら載ってなかったので不採択でした.

これで今年は予算がないことが確定したので,貧乏研究生活です. 新年度早々から凹む自体でやる気の喪失は否めません.

申請書の評価は後日見れるようになるようなので,それを見て反省するしかないですね. 採択率30%程度と言われる「若手研究」に通せないようでは,今後の研究生活が思いやられます. さて,どうしたものか.

テニス環境@名古屋

名古屋に引っ越してきて早ひと月. 趣味のテニスの環境をととのえねば,とこの三連休は色々と整備してました.

Tennis-off 初参加

テニスにもオフ会というのがあって,下記サイトが最も有名だと思いますが, インターネットを通じてテニスをやりたいひとを募ることができます. 私は,まだまだ誘う側にはなれませんで,開催されてるオフに参加してみる程度です.

www.tennisoff.net

この三連休で始めてオフに参加させてもらいました. 普段はシングルスプレーヤなんですが,オフではダブルスもやります.

テニスをやる人の気質はあまり場所に関係ないな,と思いましたね. かなり楽しくテニスができました. 名古屋でのテニスオフはなかなか楽しめそうです. ただ,ほとんどのオフが早々に満員になってしまうのがネックで, 早めにいいところを見つけて申し込まねばなりません.

テニススクール 入会

まだまだ,初中級くらいのレベルなので,基礎をみっちりと教わりたくて, スクールに通います. つくばにいた時もスクール(http://njtc.jp/)には通っていました.

名古屋では,家からの距離やスケジュールなどを加味して, 茨木テニスクラブに通うことにしました. 三連休の日曜に体験レッスンを受けて,早々に入会. 月曜に早速レッスンをうけてきました.

www.ibaragitennis.com

茨木テニスクラブは明るい雰囲気が非常によいです. コーチたちも気さくな方が多く,いろいろとアドバイスが貰えます. 前のスクールでは,注意すべきポイントのレクチャーが長めだったので, 「レッスン時間がもったいないな―」と内心思っていました. 今回のクラブはその点,テンポよくレッスンが進むのでひたすら打っていられる, というのがすごく好印象でした.

ちなみに,レッスン料は前のスクールより割安だと思います. フリーチケット制なので,いつ来ないとダメ,という縛りがないのがいいですね. チケットを課金して購入するのでレッスン料は課金制です(笑) 会費が半年に一回かかるので,それを加味すると.

  • 約9500円/月で月に5~6回のレッスン
  • 約12000円/月で月に7~8回のレッスン

が受けられる計算になります. 前のスクールだと,月に8回のレッスンを受けようと思うと2万円超えは当たり前でした. このあたりも気に入ったポイントになります.

いい感じのスタート

テニスオフとスクールをいい感じに織り交ぜてテニスのスキルアップをして, 試合に出ていけるようにしたいです.

新しい職場

年度の終わりを迎え始め,卒論・修論・博論のシーズンと慌ただしい季節ですが, こんな時期に新しいポストにつきました.

新しいポストは,「名古屋大学 情報連携統括本部 情報基盤センター 学術情報開発研究部門 助教」です. 長いので,「名古屋大 助教」くらいで.

2月1日は名古屋大学修論発表会にあたっていたようで,スーツの人がいっぱい. そんな中にまぎれていたので,新任教員とは思われていないことでしょう(´・ω・`)

新しい居室をもらったり,メールの設定をしたり,挨拶回りにいったり,と慌ただしくなるかと思いきや, ほとんどの先生方は修論発表会に出払っており,ろくに挨拶できず...

明日は,新研究室での初のゼミです. ちらっと聞いた感じだとこれまでの研究室のゼミとは違うタイプのようで,楽しみです.

事務手続きもあらかた終わっているのですが,名古屋大学IDなるID(と職員証)の発行に1~2週間かかるらしく,割りと何もできない日々が続きそう(´・ω・`)

とりあえず,パソコン等の必要品を早々に揃えたいところです. この辺は新ボスと相談しなくては.

新年の目標

あけましておめでとうございます.

昨年はプロジェクトの最終年度ということもあり,ラストスパートで走り抜けました. 突っ走ってる最中に就活をして無事次の職もきまり,仕事してはそれなりに良かった年に思います.

2017年の成果

  • 国際会議:6編
  • 国内査読付き会議:1編(共著)
  • 国内査読なし会議:2編(共著)

2018年の目標

  • 論文のクオリティの向上
    • 本数は3編を目標に高ランクの国際会議に通したい
  • 予算の獲得
    • 今年からは自分で研究費を獲得しなければならないので,魅力的な研究をして予算を獲得したい
  • 新職場での新しい仕事の充実
    • これまでとは違う仕事をしながらの研究になるので,そちらの仕事もしっかりこなしながら成果を出したい.

まだまだ若いので,がむしゃらに頑張るだけですね. 楽しく笑いながら生きていきたいものです.

論文採択:時間変化を考慮したネットワーク・ワードエンベディング

概要

  • 共著学生の成果
  • ネットワークエンベディングとワードエンベディングを同時に実現する
  • ネットワークデータの時系列変化を考慮する
  • DBLP と arXiv の共著ネットワークに対して適用し有用性を確認

成果

  1. Hiroyoshi Ito, Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, "Network-Word Embedding for Dynamic Text Attributed Networks", in Proc. the 6th International Workshop on Semantic Computing for Social Networks and Organization Sciences (SCSN 2018) co-located with the 12th IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC 2018) , pp. , Laguna Hills, California USA, January 31- February 2, 2018 (to appear)

論文採択:スマートシティのためのデータ分析ツールボックス @IWSC_IEEE Big Data 2017

概要

  • データ分析を行うためのツールボックス開発についての論文
  • これまでやってきた内容の総まとめ
  • Stream OLAPを中心としてそれを行うためのデータクレンジングなどの機能を盛り込んだツールボックス
  • 藤沢市のゴミデータ分析に適用した

成果

  1. Takahiro Komamizu, Jin Nakazawa, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, Hideyuki Tokuda, "Analytical Toolbox for Smart City Applications: Garbage Collection Log Use Case", in Proc. 3rd International Workshop on Smart Cities: People, Technology, and Data (IWSC 2017) co-located with IEEE Big Data 2017 , pp. ,Boston, USA, December 11-14, 2017 (to appear)

研究発表:SBDDE@MEDES2017

  • 以前下記記事に投稿した内容を発表してきました.

taka-coma.hateblo.jp

SBDDE@MEDES 2017

  • MEDES 2017 は The 9th International Conference on Management of Digital EcoSystems の略
  • Digital Ecosystem というどんなネタでもありな会議
  • 場所:バンコク(タイ)
  • 印象としては,アプリケーション寄りの研究が多い
    • 洪水時のデータ分析アプリ
  • ベストペーパは3編
    1. Detecting Intrinsic Dissimilarities in Large Image Databases through Skylines (Nikolaos Georgiadis, Eleftherios Tiakas and Yannis Manolopoulos)
    2. Personalized Recipe Recommendations for Toddlers Based on Nutrient Intake and Food Preferences (Yiu-Kai Ng and Meilan Jin)
    3. Analyzing Implicit Aspects and Aspect Dependent Sentiment Polarity for Aspect-based Sentiment Analysis on Informal Turkish Texts (Batuhan Kama, Murat Ozturk, Pinar Karagoz, Hakki Toroslu and Murat Kalender)
  • 会議としてのレベルはあんまり高くない
  • Organizing committee ができる人たちなので,質疑は充実してる
  • 残念ながら,ノーショーとSkype発表がまあまああって,聞く気が起きないセッションもあった

バンコク

  • タイには初めてきました
  • 賑やかでエネルギッシュ
  • ご飯が美味しい
  • 物価が安い
  • お土産
    • タイシルクがおすすめ(ちょっと高め,Jim Thompson が有名)
    • 石鹸もよい(自分はHARNNの石鹸にした)
    • ドライフルーツ(マンゴーとか)
  • 日本人は観光地で結構見かけた
  • ご飯食べてたら日本の番組(?)が取材してた

観光&食事

  • 観光にいったところ
    • Wat Pho(マッサージが受けられる,420BT/h)
    • Wat Arun
    • Grand Palace
  • 食事いったところ
    • Ko Ang Pratunam Chicken Rice (チキンライスが安くてうまい)
    • CentralWorld内のタイ料理屋(名前わすれた)